理念

Initiatives

リバシティの理念

”発達障害を「障害」と位置付けるのではなく、その子の「特性」として捉え、その才能を開花できるような支援を三者で行う。その上で、子どもの夢・やりたいことを見つけ、それを実現できる力を身に付ける。”

「発達障害」という言葉は、その人自身のものだけではなく、環境自体にも大きな課題があると考えています。つまり極端な話、身の回りの環境(その人をサポートする施設、車椅子補助のためのバリアフリー等) や、社会的環境(学校、会社の受け入れる体制等)の課題が全て解決したとすると、それはもはや「障害」とはならず、一般の人々と何ら変わらない生活をしていけることとなります。幼児期の発達障害の早期発見の難しさ、保護者が理解をするためのハードル、療育を行うための施設不足、療育施設の療育方法の良し悪し等、様々な課題がありますが、Cosmoリバシティでは、それらの課題に向き合い、全ての子ども達、そしてその両親が等しく、前向きに、幸せに生きていけるような社会を目指して活動を行っています。

Initiatives

リバシティの理念

”発達障害を「障害」と位置付けるのではなく、その子の「特性」として捉え、その才能を開花できるような支援を三者で行う。その上で、子どもの夢・やりたいことを見つけ、それを実現できる力を身に付ける。”

「発達障害」という言葉はその人自身のものだけではなく、環境自体にも
大きな課題があると考えています。
つまり極端な話、身の回りの環境(その人をサポートする施設、車椅子補助のためのバリアフリー等) や、社会的環境(学校、会社の受け入れる体制等)の課題が全て解決したとすると、それはもはや「障害」とはならず、
一般の人々と何ら変わらない生活をしていけることとなります。
幼児期の発達障害の早期発見の難しさ、保護者が理解をするためのハードル、療育を行うための施設不足、療育施設の療育方法の良し悪し等、様々な課題がありますが、Cosmoリバシティでは、それらの課題に向き合い、全ての子ども達、そしてその両親が等しく、前向きに、幸せに生きていけるような社会を目指して活動を行っています。

Initiatives

リバシティの語源

自由・多様性


全ての子どもには基本的人権の尊重にあるように
自由であることが権利として約束されています。
また、世の中には人種、国籍を含めて様々な人々が生活を営んでおり、
これらを理解し、認め、受け入れることが社会をより良いものにしていく上で必要です。
怪我・病気・障害等は全ての人々の身近にあるものであり、それらを認識し、
肯定する思考を持つことはとても重要であると考えます。

平等・公正


次に平等ですが、全ての子ども達は誰もが差別されずに
同じ扱いを受ける権利を持っています。
どのような背景があったとしても、それはなんら関係なく、
平等に生きることが出来る社会の創生を目指すべきです。

最後に公正です。こちらは平等と意味は近いのですが、
上記にも記載したように物理的環境、及び社会的環境の整備を行うことにより、
現状生きづらさを感じている人々が問題なく生活を営むことができるはずです。

現状まだまだそれらの環境の整備は足りていません。
それ故にそういった支援を行う施設を利用することは
恥ずかしいことである、と思われている親御さんは多いと思います。
そういったイメージ、考え方を払拭し、
子どもの可能性を広げることが出来る場所である、と思ってもらえるよう、
上記4つの言葉を信念に活動を続けていきたいと思います。

Initiatives

リバシティの語源

自由・多様性

全ての子どもには基本的人権の尊重にあるように自由であることが権利として約束されています。また、世の中には人種、国籍を含めて様々な人々が生活を営んでおり、これらを理解し、認め、受け入れることが社会をより良いものにしていく上で必要です。怪我・病気・障害等は全ての人々の身近にあるものであり、それらを認識し、肯定する思考を持つことはとても重要であると考えます。

平等・公正

次に平等ですが、全ての子ども達は誰もが差別されずに同じ扱いを受ける権利を持っています。どのような背景があったとしても、それはなんら関係なく、平等に生きることが出来る社会の創生を目指すべきです。最後に公正です。こちらは平等と意味は近いのですが、上記にも記載したように物理的環境、及び社会的環境の整備を行うことにより、現状生きづらさを感じている人々が問題なく生活を営むことができるはずです。

現状まだまだそれらの環境の整備は足りていません。それ故にそういった支援を行う施設を利用することは恥ずかしいことである、と思われている親御さんは多いと思います。そういったイメージ、考え方を払拭し、子どもの可能性を広げることが出来る場所である、と思ってもらえるよう、上記4つの言葉を信念に活動を続けていきたいと思います。