療育の取組み

Special care of Libersity

リバシティの療育

発達障害とは、自閉スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動障害(ADHD)、学習障害(LD)などの総称です。
医学的にはっきり診断されたお子さまだけでなく、グレーゾーンと言われるものも含めると、およそ10人に1人とも言われています。
その原因はまだわかっていませんが、親の育て方のせいではありません。

お子さまたちが抱える問題は、注意力や集中力、行動や社会性、情緒などの問題から、言語・コミュニケーションの問題、感覚の過敏さや鈍さ、運動の苦手さや鈍さなど多岐にわたり、多面的な理解が必要です。

Cosmoリバシティでは、理学療法士、作業療法士、公認心理師、保育士多職種がチームを組んで、お子さまの育ちや特性をさまざまな角度から多面的・多層的に把握し、ご家族と課題や目標を共有していきます。

Cosmoリバシティの療育体制

Cosmoリバシティでは、決まったプログラムをどのお子さまにも一律に押し付けるようなことはありません。
ひとりひとりに合わせて、お子さま自身が楽しめるオンリーワンの療育プログラムを進めていきます。

「楽しい!」「もっとやりたい!」「できた!」
ーーそれが発達の原動力だからです。

Initiatives

リバシティの療育

発達障害とは、自閉スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動障害(ADHD)、学習障害(LD)などの総称です。
医学的にはっきり診断されたお子さまだけでなく、グレーゾーンと言われるものも含めると、およそ10人に1人とも言われています。
その原因はまだ分かっていませんが、親の育て方のせいではありません。

お子さまたちが抱える問題は、注意力や集中力、行動や社会性、情緒などの問題から、言語・コミュニケーションの問題、感覚の過敏さや鈍さ、運動の苦手さや鈍さなど多岐にわたり、多面的な理解が必要です。

Cosmoリバシティでは、理学療法士、作業療法士、公認心理師、保育士多職種がチームを組んで、お子さまの育ちや特性をさまざまな角度から多面的・多層的に把握し、ご家族と課題や目標を共有していきます。

Cosmoリバシティでは、決まったプログラムをどのお子さまにも一律に押し付けるようなことはありません。
ひとりひとりに合わせて、お子さま自身が楽しめるオンリーワンの療育プログラムを進めていきます。

「楽しい!」「もっとやりたい!」「できた!」
ーーそれが発達の原動力だからです。

3つの支援スタイル

1歳半のお子さまから利用できる個別の時間、入園前のお子さまが午前中から利用できる少集団(2〜3名)の時間、
入園準備・入学準備に向けた集団(5〜10名)の時間から、お子さまにあった療育プログラムを進めます。

1.個別の時間

個別の時間では、お子さま一人ひとりのニーズに合わせた
オーダーメイドの指導を行っています。


保護者さまのお悩み・ご要望とリバシティの専門スタッフによるアセスメント(分析)をもとに、お子さまに必要な個別の支援計画を作成し、リバシティでしかできないプログラムを実施していきます。
また、指導終了後には、保護者さまに指導のフィードバックを行い、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。フィードバックの時間には、保護者さまの日ごろのお悩みにもお答えし、アドバイスを受けることも可能です。
個別指導だからこそできる、細かな支援を通して「苦手」の克服、「好き」の向上を行いながら、お子さま一人ひとりの安心と笑顔をサポートいたします。

2.小集団の時間

2~3名のお子さまが一緒のお部屋で専門スタッフによる指導を受けます。

工作などの微細運動、ひらがな・数字などの練習を行う学習支援、お友だちどうしのコミュニケーションなど、さまざまなことを学んでいきます。 個別ではできないお子さまどうしの関わりの中で、お互いに刺激を受けながら学びあう環境を提供します。個別指導・集団指導同様、指導終了後には保護者さまへのフィードバックの時間をしっかりと確保し、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。

3.集団の時間

5~10名程度のお子さまが一緒のお部屋で入園・入学に向けた指導を受けます。

個別・小集団よりも長い時間の指導です。集団指導では、同じ指導の中でも、お子さま一人ひとりにあった得意な学び方を見つけ、専門スタッフによる指導を行います。その中で、入園・入学後に必要な、一斉指示の理解や活動準備、場面理解などの練習を行います。教材もそれぞれに合わせ工夫をこらしたものを提供し、お子さまの「できた!」「やりたい!」 の気持ちを引き出します。また、発達段階を基準とした評価を行い、年齢相応の発達を目指すことで、自信を持って安心した園・学校生活を送れるよう支援していきます。

Initiatives

3つの支援スタイル

1歳半のお子さまから利用できる個別の時間、入園前のお子さまが午前中から利用できる少集団(2〜3名)の時間、
入園準備・入学準備に向けた集団(5〜10名)の時間から、お子さまにあった療育プログラムを進めます。

1.個別の時間

個別の時間では、お子様一人一人のニーズに合わせたオーダーメイドの指導を行っています。


保護者様のお悩み・ご要望とリバシティの専門スタッフによるアセスメント(分析)を基に、お子様に必要な個別の支援計画を作成し、リバシティでしかできないプログラムを実施していきます。また、指導終了後には、保護者様に向けた指導のフィードバックを行い、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。フィードバックの時間には、保護者様の日頃のお悩みにもお答えし、アドバイスを受けることも可能です。個別指導だからこそできる、細かな支援を通し「苦手」の克服、「好き」の向上を行いながら、お子様一人一人の安心と笑顔をサポートいたします。

2.小集団の時間

2~3名のお子様が一緒のお部屋で専門スタッフによる指導を受けます。

運動支援だけでなく、工作などの微細運動、平仮名・数字などの練習を行う学習支援、お友達同士のコミュニケーションなど、様々なことを学んでいきます。 個別指導ではできないお子様同士の関わりの中で、お互いに刺激を受けながら学び合う環境を提供します。個別指導・集団指導同様、指導終了後には保護者様に向けた指導のフィードバックの時間をしっかりと確保し、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。

3.集団の時間

5~10名程度のお子様が一緒のお部屋で入園・入学に向けた指導を受けます。

個別・小集団よりも長い時間の指導です。集団の時間では、同じ指導の中でも、お子様一人一人にあった得意な学び方を見つけ、専門スタッフによる指導を行います。その中で、入園・入学後に必要な、一斉指示の理解や活動準備、場面理解などの練習を行います。教材もそれぞれに合わせ工夫をこらしたものを提供し、お子様の「できた!」「やりたい!」 の気持ちを引き出します。また、発達段階を基準とした評価を行い、年齢相応の発達を目指すことで、自信を持って安心した園・学校生活を送れるよう支援していきます。