療育の取組み

Special care of Libersity

リバシティの療育

リバシティでは、通所受給者証をお持ち(取得見込み)の1歳半から就学前までのお子様を対象に、
専門スタッフによる感覚統合療法に基づいた運動支援、お子様の「好き」を引き出しながら行う学習支援、
周りとのコミュニケーションを学ぶソーシャルスキルトレーニング(SST)を行っています。
年齢やお子様のニーズに合わせた多くの指導形態を採用しており、
どのお子様にも安心して楽しく通っていただける環境をご用意しております。

リバシティは、お子様の「夢」を大切にしています。
常日頃から夢や、それを実現するための目標(ステップ)を可視化し、
それに向けて頑張る事は前向きに活くるための活力を生み出します。
療育を行う中で、お子様一人一人の「ゆめカード」を一緒に作り、
将来の「夢」に向けた活力を応援、サポートいたします。

Initiatives

リバシティの療育

リバシティでは、通所受給者証をお持ち(取得見込み)の1歳半から就学前までのお子様を対象に、専門スタッフによる感覚統合療法に基づいた運動支援、お子様の「好き」を引き出しながら行う学習支援、周りとのコミュニケーションを学ぶソーシャルスキルトレーニング(SST)を行っています。年齢やお子様のニーズに合わせた多くの指導形態を採用しており、どのお子様にも安心して楽しく通っていただける環境をご用意しております。

リバシティは、お子様の「夢」を大切にしています。常日頃から夢や、それを実現するための目標(ステップ)を可視化し、それに向けて頑張る事は、前向きに生きるための活力を生み出します。療育を行う中で、お子様一人一人の「ゆめカード」を一緒に作り、将来の「夢」に向けた活力を応援、サポートいたします。

3つの指導タイプ

1歳半のお子様から利用できる個別指導、入園前のお子様が午前中から利用できる少人数指導(2〜3名)、
入園準備・入学準備に向けた集団指導(5〜10名)から、お子様にあった指導形態をお選びいただけます。

1.個別指導

個別指導では、お子様一人一人のニーズに合わせた
オーダーメイドの指導を行っています。


保護者様のお悩み・ご要望とリバシティの専門スタッフによるアセスメント(分析)を基に、
お子様に必要な個別の支援計画を作成し、リバシティでしかできないプログラムを実施していきます。
また、指導終了後には、保護者様に向けた指導のフィードバックを行い、
専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。
フィードバックの時間には、保護者様の日頃のお悩みにもお答えし、アドバイスを受けることも可能です。
個別指導だからこそできる、細かな支援を通し「苦手」の克服、「好き」の向上を行いながら、
お子様一人一人の安心と笑顔をサポートいたします。

2.小規模集団

2~3名のお子様が一緒のお部屋で専門スタッフによる指導を受けます。

感覚統合療法を基にした運動支援だけでなく、工作などの微細運動、平仮名・数字などの練習を行う学習支援、お友達同士のコミュニケーションを学ぶソーシャルスキルトレーニング(SST)など、様々なことを学んでいきます。 個別指導ではできないお子様同士の関わりの中で、お互いに刺激を受けながら学び合う環境を提供します。個別指導・集団指導同様、指導終了後には保護者様に向けた指導のフィードバックの時間をしっかりと確保し、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。

3.集団指導

5~10名程度のお子様が一緒のお部屋で入園・入学に向けた指導を受けます。

個別指導・小集団指導よりも長い時間の指導です。集団指導では、同じ指導の中でも、お子様一人一人にあった得意な学び方を見つけ、専門スタッフによる指導を行います。その中で、入園・入学後に必要な、一斉指示の理解や活動準備、場面理解などの練習を行います。教材もそれぞれに合わせ工夫をこらしたものを提供し、お子様の「できた!」「やりたい!」 の気持ちを引き出します。また、発達段階を基準とした評価を行い、年齢相応の発達を目指すことで、自信を持って安心した園・学校生活を送れるよう支援していきます。

Therapy

リバシティの感覚統合療法

感覚統合療法とは、米国の作業療法士であるエアーズ博士によって考えられた 『感覚統合理論』に基づいています。
私たちは、生活の中で、さまざまな感覚器官を通じ、絶えず身体に入ってくる複数の感覚(五感・固有受容覚・前庭覚など)を
正しく分類・整理し、適切に統合し処理しています。
これを、感覚統合といます。この機能の向上により、その場、その時に応じた感覚調整や集中が可能になり、
周囲の状況の把握とそれをふまえた行動(自分の身体の把握・道具の使用、人とコミュニケーションなど)の獲得を目指します。

感覚統合療法の3つの原則

Initiatives

3つの授業タイプ

1歳半のお子様から利用できる個別指導、入園前のお子様が午前中から利用できる少人数指導(2〜3名)、入園準備・入学準備に向けた集団指導(5〜10名)から、お子様にあった指導形態をお選びいただけます。

1.個別指導

個別指導では、お子様一人一人のニーズに合わせたオーダーメイドの指導を行っています。


保護者様のお悩み・ご要望とリバシティの専門スタッフによるアセスメント(分析)を基に、お子様に必要な個別の支援計画を作成し、リバシティでしかできないプログラムを実施していきます。また、指導終了後には、保護者様に向けた指導のフィードバックを行い、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。フィードバックの時間には、保護者様の日頃のお悩みにもお答えし、アドバイスを受けることも可能です。個別指導だからこそできる、細かな支援を通し「苦手」の克服、「好き」の向上を行いながら、お子様一人一人の安心と笑顔をサポートいたします。

2.小規模集団

2~3名のお子様が一緒のお部屋で専門スタッフによる指導を受けます。

感覚統合療法を基にした運動支援だけでなく、工作などの微細運動、平仮名・数字などの練習を行う学習支援、お友達同士のコミュニケーションを学ぶソーシャルスキルトレーニング(SST)など、様々なことを学んでいきます。 個別指導ではできないお子様同士の関わりの中で、お互いに刺激を受けながら学び合う環境を提供します。個別指導・集団指導同様、指導終了後には保護者様に向けた指導のフィードバックの時間をしっかりと確保し、専門スタッフの視点から指導の成果をお伝えいたします。

3.集団指導

5~10名程度のお子様が一緒のお部屋で入園・入学に向けた指導を受けます。

個別指導・小集団指導よりも長い時間の指導です。集団指導では、同じ指導の中でも、お子様一人一人にあった得意な学び方を見つけ、専門スタッフによる指導を行います。その中で、入園・入学後に必要な、一斉指示の理解や活動準備、場面理解などの練習を行います。教材もそれぞれに合わせ工夫をこらしたものを提供し、お子様の「できた!」「やりたい!」 の気持ちを引き出します。また、発達段階を基準とした評価を行い、年齢相応の発達を目指すことで、自信を持って安心した園・学校生活を送れるよう支援していきます。

Therapy

リバシティの感覚統合療法

感覚統合療法とは、米国の作業療法士であるエアーズ博士によって考えられた 『感覚統合理論』に基づいています。私たちは、生活の中で、さまざまな感覚器官を通じ、絶えず身体に入ってくる複数の感覚(五感・固有受容覚・前庭覚など)を正しく分類・整理し、適切に統合し処理しています。これを、感覚統合といます。この機能の向上により、その場、その時に応じた感覚調整や集中が可能になり、周囲の状況の把握とそれをふまえた行動(自分の身体の把握・道具の使用、人とコミュニケーションなど)の獲得を目指します。

感覚統合療法の3つの原則