スタッフ紹介

Staff introduction

スタッフ紹介

飯尾 恭平
代表取締役社長

 Cosmoリバシティの運営会社である株式会社CosmoBridge代表の飯尾です。2016年4月より開始したインターナショナルプリスクールを運営していく中で、療育のサポートが必要である子ども達が何名かいたのですが、これまでは外部の機関に支援を依頼することしか出来ないことに不甲斐なさを感じていました。

 

 このCosmoリバシティを通して、私たちに関わった子ども達の全て、そしてその親御様が笑顔で前向きになってくれるような、専門性の高い療育を目指し、それを提供していきます。

 

【主な経歴】 2005年からIT業界にて6年間の勤務。その後1年の留学経験を経て、2012年3月に株式会社CosmoBridgeの立ち上げ、及び代表取締役就任。国際交流イベントの主催、大人向け英語教室、留学支援、民泊事業を経て、2016年4月から横浜市中区にて、インターナショナルプリスクールを立ち上げ、現在も運営中。


【資格】 国家戦略特別区域限定保育士


【趣味】 スポーツ全般(特にスノーボード)


【夢】 南国でスローライフを送ること

ゆりか
児童指導員(公認心理師)

 Cosmoリバシティでは、お子様、親御様それぞれにあったオーダーメイドの支援を提供し、笑顔溢れる安心安全な環境を提供していきます。
嬉しいことも、悲しいことも、困ったことも一緒に笑ったり、泣いたり共に感じ、支え合っていきたいと思っております。
お子様だけでなく、ご家族の皆様、全員の味方であり続けることをお約束します!

 

【主な経歴】特別支援教育を専攻し、教育学科を卒業。学生時代から特別支援学級や児童相談所で勤務。海外でのボランティア活動にも積極的に参加し、カンボジアの小学校建設やタイ、ベトナムの孤児院での運動・学習支援を行った経験もあり。カナダにて現地の保育園視察や、海外の教育システム体験を行う。大手児童発達支援事業所や放課後等デイサービスなど、児童福祉の事業所を計7箇所勤務し、2歳~高校3年生まで、約300名以上のお子さんの支援に携わり、保育園・幼稚園・小学校に直接訪問も専任。2020年~放送大学で心理学専攻。2021年~コロナ禍での親御様支援の大切さを実感し、子育て支援オンラインサロン『Oya×Oya』を開設し、全国各地の親御様の支援を継続中。

 

【資格】公認心理師、児童発達支援管理責任者、特別支援学校教諭免許、高等学校教諭免許、食育アドバイザー

 

【趣味】おしゃべり、お笑い、旅行

 

【夢】
・一生、自分らしく生きること!
・日本の特別支援教育を変えること!
・あらゆるマイノリティをなくすこと!

なおき
理学療法士

 発達に心配のあるこどもたちと20年以上かかわってきました。療育の必要なお子さんが増えていますが、公立の療育機関はキャパの限界で、大半のお子さんをお断りせざるを得ない現状です。かたや民間の児童発達支援事業所は、歴史が浅くノウハウの蓄積がなく、やっていることがバラバラで質に不安を感じられることが多いのではないでしょうか。多職種チームによる質の高い療育を民間で実現するというCosmoリバシティのビジョンのもと、これまでの経験を若い仲間たちと共有しつつ、ひとりでも多くのお子さんをご家族と一緒に育てていく伴走者であり続けたいと願っています。

 

【主な経歴】1997年から理学療法士として重症心身障害児(者)施設、こども病院、地域密着型の療育施設、児童発達支援事業所などで、多くのこどもたちを身体運動の面からサポートし続けている。放送大学大学院修士課程修了。


【資格】理学療法士、福祉住環境コーディネーター2級


【趣味】乗馬、水泳、ギター


【夢】自分の馬を持ち、乗馬の楽しさをこどもたちに伝えたい。

まり
理学療法士

 理学療法士を志したときから、障害の有無に関わらず、必要としている人に理学療法士の知識を提供したいと思っていました。自分が子育てをしていて一番欲しいと思ったのは、一緒に考えて歩んでくれる伴走者。わからないことや不安も多い子育てが、少しでも楽しい時間となって、子どもたちと家族の笑顔が増えるよう、私も伴走者になれたらな、と思っています。

 

【主な経歴】2011年から理学療法士として高齢者施設でさまざまなご病気をお持ちの方の生活をサポートしながら、医師・看護師・管理栄養士・理学療法士の多職種チームにて「健康とは何か」を主テーマとした小児肥満児とその家族に対する治療プログラムの開発研究に参加。運動プログラムの考案や実際の活動の主軸を担う。北里大学大学院修士課程修了。

 

【資格】理学療法士,福祉住環境コーディネーター2級

 

【趣味】手芸、カラオケ、バレーボール

 

【夢】夫と静かな余生を過ごす、子育て世代が子育てしやすい社会にする。

ちずこ
児童発達支援管理責任者

 自身が母となってから、よりいろいろなことを考えるようになりました。大切な存在であるからこそ、悩みも大きく、尽きないもの。それでも、共に過ごす一日一日は、笑顔でいられるのがいちばんだと思います。子育てをするご家庭が笑顔でいるためにできることを考えていきたい。そう考えリバシティにいます。子育てを分かち合っていきましょう。お会いできるのを待っています!

 

【主な経歴】子どもと生活をしたいと思い、2005年~乳児院に9年間勤務。そこで出会った子どもたちのことをもっとよく知りたいと、2015年に専門学校に入学し、2019年作業療法士資格を取得。在学中に結婚、児童発達支援施設に勤務しながら、”母になる”夢を叶え、現在1歳児の子育て中。

 

【資格】保育士、作業療法士、児童発達支援管理責任者

 

【趣味】サッカー観戦(川崎フロンターレサポーター)

 

【夢】
・いくつになっても等々力でサッカー観戦
・サッカー選手になった息子の応援をする
・みんなで子育てをすることが当たり前の社会

ひかり
作業療法士

 障害や診断の有無に関わらず、みんなが暮らす街でその人らしさを大切にできる場所を作りたいと思っています。ご家族やお子さまと同じ、一人の人間として「先生」ではなくパートナーとして支え合っていきたいです。Cosmoリバシティでは「正しさ」よりも「楽しさ、らしさ」を大切に、みんなが安心できる心の居場所を作っていきます!


【主な経歴】大分県出身。父が自動車業界初の重度障害者多数雇用事業所(雇用率60%)の立ち上げに参画していた影響もあり、ユニバーサルな街づくりや障害者スポーツ、重度障害の方との触れ合いの中で幼少期を過ごした。
 小学校教諭を目指していた高校2年生の頃、祖母に介護が必要となったことをきっかけに作業療法士を志し、専門学校へ入学・卒業。2016年に免許を取得し「大分県高次脳機能障がい支援拠点機関」に指定された回復期リハビリテーション病院で、成人を対象に2年半勤務。その後病院内で異動となり念願だった小児の外来リハビリテーションで発達支援に2年半携わる。在籍中にケニアのメディカルセンターへの出張も経験。その後関東に拠点を移し児童発達支援事業所で、お子さまご家族の支援を継続している。


【資格】作業療法士、障害者スポーツ初級インストラクター

 

【趣味】ボルダリング、クラリネット、写真

 

【夢】今まで自分を支えてくれた人たちへ感謝を返していく。誰もが心豊かに暮らせる街を関東や地元大分に広げていく。